CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
東京BABYLON―A save for Tokyo city story (1) (ウィングス文庫)
東京BABYLON―A save for Tokyo city story (1) (ウィングス文庫) (JUGEMレビュー »)
CLAMP
心優しい陰陽師の少年が東京の闇を奔走する!世紀末東京の雰囲気がたまりません。
RECOMMEND
カードファイト!! ヴァンガード【1】 [DVD]
カードファイト!! ヴァンガード【1】 [DVD] (JUGEMレビュー »)

カードファイトヴァンガードアニメ!アイチくんがかわいい。
RECOMMEND
聖☆おにいさん 9 (モーニングKC)
聖☆おにいさん 9 (モーニングKC) (JUGEMレビュー »)
中村 光
聖☆おにいいさん9巻もDVD付特装版と通常版が有り。
RECOMMEND
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ) (JUGEMレビュー »)
水城 せとな
「窮鼠はチーズの夢を見る」の続編です。すんごい泣いた。
RECOMMEND
ARIA(12) (BLADE COMICS)
ARIA(12) (BLADE COMICS) (JUGEMレビュー »)
天野こずえ
火星ネオ・ヴェネチアを舞台にした、水先案内人・灯里の癒しの物語。
RECOMMEND
密約の血―裁きの血 2 (Wings comics)
密約の血―裁きの血 2 (Wings comics) (JUGEMレビュー »)
十波 妙子
幾星霜の歳月を描いたファンタジー。特にお薦めは「裁きの血」と「密約の血」。
RECOMMEND
私立探偵・麻生龍太郎
私立探偵・麻生龍太郎 (JUGEMレビュー »)
柴田 よしき
『聖なる黒夜』の登場人物・麻生龍太郎が私立探偵となって事件解決に奮闘!
RECOMMEND
劇場版 爆走兄弟レッツ&ゴー!! WGP 暴走ミニ四駆大追跡! (完全生産限定版) [DVD]
劇場版 爆走兄弟レッツ&ゴー!! WGP 暴走ミニ四駆大追跡! (完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

子供の熱い気持ちが詰まった映画。アニメ本編も原作漫画も子供の本気が詰まった作品。
RECOMMEND
HELLSING I-V Blu-ray BOX〈期間限定生産〉[Blu-ray]
HELLSING I-V Blu-ray BOX〈期間限定生産〉[Blu-ray] (JUGEMレビュー »)

OVA版『HELLSING』のBD-BOX。各巻かっこいい!欲しい。
RECOMMEND
クローズZERO II プレミアム・エディション [DVD]
クローズZERO II プレミアム・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

芹沢が一番好きですが、基本皆見せ場があってかっこいい。
RECOMMEND
金髪の草原
金髪の草原 (JUGEMレビュー »)
池脇千鶴
原作は大島弓子の同名漫画。
大島弓子の原作の雰囲気そのままに映像化。犬童監督は神!
MOBILE
qrcode
                   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | bookmark |
                   
川原つばさ『ロスアンゼルス・ダイアリー KISS』(オリジナル同人誌)
商業誌で刊行されていた川原つばさ先生の『東京ナイトアウト』シリーズの同人誌です。
『東京ナイトアウト』番外編主人公・池谷忍と二葉・フレモントがメインの本です。
2008年に発行されていたこの本、現在も通販で買えることに気付き、取り寄せしてみました。

この本には、商業作品『東京ナイトアウト』番外編『スイートダイアリーKISS vol.3』のその後の、二人でロスの大学(UCLA)に留学した忍と二葉の話が収録されています。

二葉の一人称の「side Futaba」(UCLA1年目)と忍の一人称の「side shinobu」(UCLA2年目)がそれぞれ1本。
他に1ページ分程度の小話数本が「東京ナイトアウトEXレシピ集」(大学卒業後)として収録されいてます。

一番長編なのは「side shinobu」。
忍と二葉が同居するロスのアパートに桔梗と卓也が遊びに来た翌日、桔梗と急接近中の悠が突然アパートに押しかけて来て…というお話。
卒業式で忍に「小沼は俺が貰う」と宣言した悠。
実際に悠と桔梗の距離が縮んでいることに、友情から嫉妬を覚えて情緒不安定になる忍。
この子はほんとうに中学〜高校の頃と変わらず、卑屈で面倒くさい性格なんだなあ〜もう〜。
お前は中学生女子か!と思う反面、自分が離れている間に親友が他の友達と急に仲良くなった時にそういう感情あるよね…って部分も有り。
この面倒な性格が人間臭いところが忍だと思います。(他のキャラが常識無死で基本的に迷わない人々だから余計際立つ忍の優柔不断さ)

商業誌本編からあまり精神が成長していないような忍に対して、二葉は随分と物分かりのよい奴になりました。
悠のことで苛立つ忍をフォローしつつも、お客の卓也の前ではちゃんとしろと嗜めたり。(二葉って桔梗を奪って行った卓也を昔は嫌いだったというのになんてまともな意見)
自分の腕にナイフ突き立てながら「好きって言えよ」と忍に迫った高校生時代からよく成長したものだ。
もっとも、留学後の二葉は忍に一番(一樹よりも)愛されてる自覚があるからこそ安定しているのかもしれません。
そういう意味では、一樹への想いを振り切り、二葉が一番だと彼にちゃんと実感させられている忍も成長したなと思います。

二葉の趣味は「恋人を甘やかすこと」だそうで、毎日忍にご飯作ってくれるそうです…なんだこの女子の理想のような攻様。
嫉妬で見境なくならない限りはいい恋人なんだよな〜二葉は。(嫉妬したり、忍を泣かせたい気分の時は縛ったりするようだけど…)

桔梗と悠とか一樹さんとアキさんとか本命がいても他の人間とちょっと色っぽいことになったりしているキャラばかりの中で、基本的に本命固定の忍と二葉のカップリングが一番BL王道感あって安心して読めます。

あと、忍と桔梗の友情も一生ものだよな、と。
忍と桔梗は中学からの付き合いで、厳密にいえば幼馴染みではないんだけれど、二葉も交えて三人で中学〜高校と多感な時期に色々冒険しているので、しっかりとした絆で結ばれているところがとても好きです。
| BL | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) | bookmark |
                   
ごとうしのぶ『Station』(タクミくんシリーズ)
ごとう しのぶ
KADOKAWA/角川書店
(2014-01-31)
コメント:シリーズ最終巻です。

タクミくんシリーズの最終巻が本日発売になりました。
角川書店で予約していた小冊子付き特装版が本日到着!

以下、ネタバレ含む感想です。
続きを読む >>
| BL | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | bookmark |
                   
タクミくんシリーズついに完結
角川ルビー文庫創刊時(※)から続いていたタクミくんシリーズが、2014年2月発売予定の「タクミくんシリーズ Staition小冊子付き特装版」をもって完結するそうです。
(※厳密に言うと、最初の二冊はスニーカー文庫から発売→ルビー創刊でルビー文庫化)

角川ルビー文庫公式サイト↓
「タクミくんシリーズ」完結! 特装版&連続刊行情報!!

小冊子付特装版は初回限定生産だそうなので、確実に手に入れたい場合は予約した方がよさそう。

タクミくんシリーズは中学校の同級生のお母さんが好きで購入されていて、友達経由で私も貸してもらって読み始めたシリーズです。
年上だった彼らをいつの間にか追い越し…ついに完結編を読めるとは感慨深いです。

(作者コメ等から)前々からタクミくんシリーズの最終回はギイとタクミの出会い編に当たる「Station」と予告されており、”いつどういう風にギイがタクミを好きになったのか”、というシリーズの根幹部分がようやく読めるわけです。
考えてみれば、恋愛小説(BLなので)において主人公カプの攻が受を好きになった「きっかけ」が秘密のまま21年間もシリーズ続いてたんだからすごい。

正直に言えば3年生編に入ってから中だるみがひどかったシリーズではありますが、最後まで読みたいと思います。
| BL | 23:30 | comments(2) | trackbacks(0) | bookmark |
                   
真東砂波『FAKE』シリーズ
真東 砂波
メディエイション
(2007-01)
コメント:今読んでも面白い。

GWにつき懐古読書中。

今回は今は亡きビブロスで発行されていたの真東砂波先生の『FAKE』シリーズ。
ビブロスが倒産したので、ビブロス版全7巻は絶版。
2007年にHUG文庫で全5巻で文庫化されるも、こちらも今は絶版。
面白い話なんだけど、いまいち出版には恵まれてない印象。

BLなので折りたたみます↓
続きを読む >>
| BL | 16:22 | comments(0) | trackbacks(0) | bookmark |
                   
ごとうしのぶ/南京ぐれ子『ぐれちゃわないでね』
ごとう しのぶ,南京 ぐれ子
角川書店
(2002-12)
コメント:コラボ漫画。どちらかと言えば、ぐれ子さん色強し。

 実家の本棚から懐かしい漫画を引っ張りだしてきましたよ。
タクミくんシリーズのごとうしのぶ先生を原案に、ギャグを得意とする南京ぐれ子先生が作画担当のコメディ漫画です。
ラブコメというよりファミリーコメディ色が強い。

BLなのでおりたたみます
続きを読む >>
| BL | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | bookmark |
                   
ミステリ同人の思い出
新紀元社
コメント:小説ジャンルの流行に大きな影響を与えていた『かつくら』

突然ですが、ミステリ同人(※この記事中では、女性向け二次創作同人誌を指します)の昔語りをします。
女性向け二次創作、いわゆる腐女子向け同人誌の話になりますので、カテゴリーは「BL」とします。
この時点で危ないと思ったら、引き返してください。

それでも、いいよという方だけ「続きを読む」へ↓
続きを読む >>
| BL | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) | bookmark |
                   
えすとえむ『equus』
えすとえむ
祥伝社
¥ 690
(2011-04-25)
コメント:半身半馬ことケンタウロスの短編集

私が小さい頃、クリスマスプレゼントで貰った『夏の星座』という星座の元ネタとなったギリシャ神話を集めた本に、ケンタウロスについて載っていました。
私は12星座では射手座であるため、当然自分の星座の元ネタとなった話を探して読みました。

それが気性の荒いケンタウロス族の中で、珍しく穏やかで頭がよく、医学に優れた「ケイロン」というケンタウロスとギリシャ神話の有名な英雄・ヘラクレスの話でした。

ケイロンの元に友人であるヘラクレスが訪れたところ、ヘラクレスの命を狙う賊が2人に襲いかかってきました。
ケイロンとヘラクレスは応戦して賊を全滅させるものの、ヘラクレスの放った毒矢が誤ってケイロンの足に当たってしまいます。
矢にはヒドラの猛毒が塗られていたため、ケイロンは虫の息となってしまいました。
涙ながらに謝罪するヘラクレスに、ケイロンは穏やかに「きみのひざで死ねるのなら本望だよ」と告げて、息絶えるのでした。

この「きみのひざで死ねるなら本望だよ」との言葉に、幼少の私はなにやら言い知れぬ感覚を味わったのですが、
今ならわかる…あれは、萌えだ!

というわけで、私のBL萌えの萌芽となったケンタウロスの漫画を、角川版『緋色の研究』や『恋のしっぽをつかまえて』の挿絵を担当された「えすとえむ」さんが描かれていたので、購入してみました。

BLなので折りたたみます。↓
続きを読む >>
| BL | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) | bookmark |
                   
作中舞台を訪ねてみよう!(BL編)
旅行で京都に行って来ました!
(故に今週のヴァンガ感想もお休み)

有名な観光地を回りつつ、おたく脳故に「あ、ここって○○(作品名)に出て来たところだ!」と気づいた場所があったので、ぷちまとめしてみようと思います。

因みに、今回取り上げるのは川原つばさ先生の『東京ナイトアウト』と湊川理絵先生の『春いちばん』です。

BLなので折りたたみます。↓
続きを読む >>
| BL | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) | bookmark |
                   
L.B.グレッグ/冬斗亜紀(訳)『恋のしっぽをつかまえて』
L.B.グレッグ
新書館
¥ 945
(2013-02-09)
コメント:新創刊の翻訳BLレーベル「モノクローム・ロマンス文庫」第一弾。

新書館の新創刊レーベル「モノクローム・ロマンス文庫」の一作。
アメリカのBL(※アメリカではM/Mというジャンルらしい)を日本語訳したいわゆる翻訳BLです。

モノクローム・ロマンス文庫の創刊第一弾はこの『恋のしっぽをつかまえて』と『フェア・ゲーム』の二作。
『フェア・ゲーム』は未読ですが、作者のジョシュ・ラニヨンさんはM/Mの超大御所作家さんらしく、草間さかえさんイラスト、解説に三浦しをんさんと気合いが入っていて、正統派な感じ。
一方の『恋のしっぽをつかまえて』はえすとえむさんのパンチの効いたアメリカンテイストなイラストが表紙で、コミカル・ミステリー風です。

BLなので折りたたみます↓
続きを読む >>
| BL | 23:17 | comments(4) | trackbacks(0) | bookmark |
                   
井村仁美『アナリストの憂鬱』シリーズ
井村 仁美
講談社
(2006-03-02)
コメント:如月弘鷹さんのイラスがやっぱり好き。

若き証券アナリストの仕事への奮闘と年上の恋人との恋愛を書いたシリーズ計5冊。
残念ながら、井村先生は最近実質休筆状態ですね。
休筆する2007年の前年、このアナリストシリーズも『愛のレイティングAAA(上・下)』で終了しました。

BLなのでおりたたみ↓
続きを読む >>
| BL | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) | bookmark |
| 1/3PAGES | >>